検索エンジンからの評価

精度の高い記事だと判断される基準は?正確な情報が書かれている記事の特徴から考察してみよう

検索エンジンが検索順位を決める要素の一つとして、情報の精度を見ていることは間違いないでしょう。

正しい情報が書かれている記事が上位にないと、有益な検索エンジンだとユーザーに評価されないからですね。

では、検索エンジンはどういった記事を「精度が高い記事」だと判定しているのでしょうか。

一つひとつ目視しているわけではないので、様々な評価基準を用いて判定しているわけですが、ここでは主な評価基準として考えられる仮説をまとめてみたいと思います。

ご一緒に、様々な仮説を考えながら読んでいただけたら嬉しいです。

1次情報を参照している記事は情報の精度が高い

伝え聞いた2次情報ではなくて1次情報を元に書かれている記事は評価しても良いでしょう。

もちろん、1次情報のページが最も評価されるわけですが、その記事内に書かれていないキーワードであればその1次情報を参照して書かれたページが検索上位になる可能性は充分にあります。

検索エンジンはあなたの記事に1次情報が書かれているかどうかまでは判定きないはず(仮説)なので、どのような評価基準を組み込むことで記事内の情報の確からしさを判定できるのでしょうか。

ちょっと考えてみてくださいね^^

 

こちらもあくまで仮説ですが、例えば参照URLとして1次情報のページをリンクすることで、1次情報を参照して書かれていると判定することが可能ではないでしょうか。

正しい情報を記載した上で、参照元のリンクを掲載しておくことで、あなたの記事の信頼度も高くなる可能性は十分に考えられます。

例えば、「ソニーからプレステ5が発売されるようですよ」という記事を書いたとして、SONYの公式サイトへリンクを貼っていれば確証度は高まるのではないかと。

少なくともリンクがないよりも、信頼に値する記事と言えるのではないでしょうか。

SNSで評価されている記事は検索エンジン的にも評価される?

facebookで多くシェアされている記事が検索エンジン上で上位表示されている傾向にあると言われていますが、Googleの公式見解としては「SNSの影響は受けない」とされています。

理由としては、Googleとしては「他会社のSNSのデータは入手できないから」ということですが、どこまで本当のことを言っているのかはわかりませんね。

SNSでの評価というのは、SNSでそれぞれ異なりますが、facebookのいいね!とかそういった機能による評価を指します。

実際の人の目によって評価されている指標を検索エンジンが使うことで、機械が人間の目を利用しているという結果になるわけです。

これはなかなか良いアルゴリズムと言えますが、その一方でそれを利用して故意的に記事の価値を上げる対策をされる懸念は払しょくできないというデメリットもあります。

その結果、Google側としては「SNSの影響は受けない」と公式アナウンスしているのではと個人的には考えています。それほど大きな指標にはしていないものの、少なからずの影響を与えることはあるのでは?と思っているので、個人的に検証を続けています。

では、Googleが提供している+1(プラスワン)はどうなのかというと、このサービスに関しては自社のものであるため、ユーザーにとって有益だと判断できれば順位へ反映していくと公式見解を残しています。

ただし、現時点では日本ではまださほど浸透していないので、今後の動向に注意しておくくらいで良いでしょう。

他のサイトから参照されていること

他のサイトから参照されていることは、検索エンジンとしても評価しても良い事象となります。

他のサイトからの参照についてはこちらのページに書きましたのでご参照くださいね。

参考:被リンクについて(現在作成中)

以前は被リンクを集めるだけでも上位表示がかなりされやすいくらい重要視されていましたが、自分でサイトを作って自分で被リンクを送るSEOが流行ったために、現在はそれほど被リンクの効果は高くないと言われています。

ですが、評価基準の思想は理にかなっているので、今後もこの評価基準は用いていくのではと個人的には考えています。

検索エンジン側から考える癖をつける

検索エンジンの評価基準であるアルゴリズムは公表されていないので、SEOは全て仮説であるわけですが、実際に対策してみた結果として広く伝わるものが以前は多くありました。

例えば、背景と同じ色の文字で上位表示させたいキーワードをとにかく入力したり、先ほど書いたとおり、自分でブログを作って自分のブログにリンクを送ったりといったものが有名ですね。

現在は検索エンジンの進化によって複雑なアルゴリズムが用いられていることから、「結局は良い記事を書くしか上位表示の方法はない」とテクニック的なSEOはできないと考える人が多くなりました。

とはいえ、ここまでこの記事で書いてきたとおり、良い記事だと検索エンジン側が評価しているポイントの特徴を掴んで意識することは効果的なので、「検索エンジンとしてどんなポイントを評価すれば良い記事だと判定できるだろうか」と考えるのがアクセスアップのコツと言えます。

そうした視点を持たずにとにかく良い記事を書くことだけを考えるよりも、検索エンジンに好かれる確率は高まるのではないでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!