アフィリエイトの概要

ブログの訪問者を意識した記事を書くことを心がける!

ブログを作る。そして広告も貼って報酬が発生する状態にする。

報酬を得るために必要なものがあと1つだけありますが、何でしょうか?

 

(ちょっと考えてみてくださいね)

 

そう、実際にその広告を目にする(&クリックや購入する)訪問者ですね。

 

ネットで稼ぐ取り組みを行っている人が見落としがちなのが、この訪問者への意識です。自分のブログの仕掛けづくりばかりに気が向き、訪問者のことを考えられない人が多いです。(結果、訪問者のアクションが少ないブログになってしまいがち)

めちゃくちゃ大事なので、話を脱線させてまで書きましたが、この「訪問者を意識する」ことはいつまでも忘れずにいて欲しいところです。

 

では、話を訪問者・アクセスに戻します。

 

アフィリエイトで稼ぐには、何といってもアクセスをたくさん得ることが大切です。

成果報酬型であれば、アクセスの質(そのサービスや物を必要とする人のアクセス)は大事ですが、クリック型やクッキー系であればアクセスさえあれば何とかなるので、まずはとにかくアクセスを集めることを意識して欲しいです。

ではそのブログへのアクセスですが、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを経由するものがほとんどです。

何か調べものをした人が、検索結果を見てあなたのブログへアクセスするということですね。

検索数の多い検索ワードによる検索結果で上位(1~3件目くらい)に掲載されれば、かなりの訪問者があなたのブログにやってきます。

意図的に検索エンジンで上位表示させるテクニックをSEO(エスイーオー)と呼びますが、最近はGoogleの精度が高くなり、小手先のテクニックで上位表示させることはかなり難しくなってきています。

また、検索エンジンの検索結果は絶えず変わるために、1日に数千アクセスあった記事も、翌日には0アクセスになることもあったり。

(1日に何十万円も稼げるブログが翌日には1円も稼げなくなるなんてこともそれほど珍しい話でもありません。)

その結果、検索エンジンによる集客に絞っていると、毎日の検索エンジンの動向に一喜一憂する生活になってしまうことになってしまいます(毎朝、起きたらすぐにドキドキしながら検索順位をチェックするような生活は精神衛生上良くありませんw)

そのため、検索エンジン以外でのアクセスも確保していくことが安定性の向上に寄与するので、検索エンジンへの依存度を減らすことを強くおすすめします。

最初から「検索エンジンからアクセスがあればラッキー」くらいな感覚でアクセスを得る設計をしておくと安定感のある運営ができるようになります。

検索エンジン以外でのアクセスであれば、例えば、twitter経由、ブログランキング経由がありますが、こうした対策に力を入れてアクセスが増えていくと、検索エンジン上の評価も上がり検索結果でも上位に入りやすくなってきます。

どんなブログを作れば良いのか?

ブログに広告を貼って稼げることはわかった。

訪問者が訪れる経路もわかった。

では、実際にはどんなブログを作れば稼げるのでしょうか?

答え. 多くの人が関心を持っている内容をブログに書く

多くの人が関心を引く内容を書いて、多くの人に読まれる機会を作るだけ。

めちゃくちゃ単純ですw

単純ですが、その単純さの中には深い意味があって、

・どんな内容なら多くのユーザーの関心を引けるか

(数あるブログ記事の中から自分のブログ記事を魅力的と感じて選んで貰えるか)

・どんな内容なら(関心を失わず)そのまま読み続けて貰えるか

(ほとんどのユーザーは読まない。読んでもかなりの流し読みしかしない)

こうしたことを意識しないと、成果はあまり期待できない記事になってしまいます。

と言っても、意識すべきポイントさえ掴んでいればそんなに難しいことではないのでご心配なく。(そもそもこのレポートの趣旨は「ゆる~い記事」ですからね)

次からは実践編として、実際にどういったことをやっていけば良いのかについて具体的にお伝えしていきますね。

参考になったらシェアしてくださいね!